タグ別アーカイブ:

琉球村 47


ここにも
キムが

案内は
していませんね

木の椅子に
掛けていました

疲れたので
ひと休みとか…

ジェットスターでマニラから成田へ 空港での物の値段


昨日の続きです。


夜になり、午後8時過ぎにマニラの部屋を出て、ジェットスター

成田行き深夜便に搭乗する為、タクシーでマニラ国際空港

第1ターミナルに行きました。


dau-tyo011717 (11)

待合のロビーにはまだ大きなクリスマスツリーが飾られて

いました。


到着時刻が早すぎてまだチェックインカウンターの表示が

無かったので、パソコンを広げて作業をし、一段落したところで

出発便表示ボードを見るとカウンターの番号が表示されて

いたので、おもむろにカウンター前に行ってみると・・・、


dau-tyo011717 (13)

既に大勢の人がチェックイン待ちをしていて長い行列が

出来ていました。


チェックインの時には、何時も思うのですが、早くチェックイン

しても遅くチェックインをしても、出発便は出発時刻に

ならなければ離陸しないので、なにも急ぐ必要はないのですが、

このような時には心理的に少しでも早くチェックインをしたいと

列を乱す人もいるのは人の性でしょうか・・・笑


dau-tyo011717 (14)

イミグレーションを通った後、夜食のチキンマミを食べました。

100ペソですが、韓国の人達は辛そうなカップ麺を皆さん

注文していました。値段は同じです。


korean ramen0116117 (5)

因みにフィールズのMr.JJ横にあるジェネシスホテル入口の

レストランで食べたラーメンは150ペソでキムチやその他

辛そうな付け合せが無料で出てきました。


korean ramen0116117 (4)

空港では食べ値段が高いというのは、どこでも

同じなのだと思いますが、お土産用のドライマンゴーが

このチキンマミの店では200グラム220ペソで販売していました。


同じドライマンゴーでも隣の店では200グラム270ペソとか

表示されていて、必ずしも同じ値段ではないという事が

分かりました。


私が出かける前に市中で買ったドライマンゴーは

200グラム108ペソ程度でしたが、味はそれ程違うとは

思いません。


mnl-nrt01117 (2)

深夜便が30分程遅れて出発すると、殆ど寝ていましたが、

成田に近づき、夜がうっすらと明ける頃、無事着陸しました。


着陸後、朝食を出発時と同じレストランでとり、出発と到着客が

同じレストランエリアで食事ができるのは業者にとっては効率が

いいのではないかと思いました。


LCC第3ターミナルから第2ターミナルに向かって歩いて行くと

他の歩いている人の息が白くなっているのに気がつきました。


体は重ね着をして寒くなくとも、荷を持つ手が寒風に晒されて

寒く感じました。




にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ここをクリックしていただけるとランキングが上がります。
にほんブログ村        いつもクリックしていただきありがとうございます。
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
団塊世代 夢と希望
人気ブログランキングへ

琉球村 42


やはり
予想通り

水牛に石臼を
引かせていました

周りながら
サトウキビを潰していきます

琉球村 39


丸い石が
並んでいます

どれも
真ん中に
穴が空いていました

石臼のような
使い方をするものでしょうか

琉球村 31


黒の濃い
赤です

土にもよるのでしょうが
ずいぶんと
色が
違いますね

個性ある
シ-サ-
ということでしょうか

琉球村 28


展示場
とありました

焼き物の
展示販売のようですね

壷の上には
やはり
シ-サ-です

琉球村 27


ここにも
キムが
道案内です

陶芸工場に
続いています

カメには
シ-サ-が
載っていました

琉球村 22


壷が
ずらりと
並んでいました

黒から
白っぽいもの

さらには
赤茶色と
様々です

色は違っても
大きさは
ほぼ一緒ですね

琉球村 20


道順を
案内してくれています

間違えて
出口に行ってしまわないよう二
ということですね

村内は
広いですからね

琉球村 18


ハブセンタ-の
入口です

時間を決めて
ショ-が
開かれます

以前は
マングースと
ハブの戦いを
行っていました

今は
ハブの生態についての説明と
捕獲の仕方を
見せてくれます

ウィーンの旅まとめ(お土産篇)

そういえば、年末年始を挟んじゃったこともあって、
ウィーンの旅のまとめが中途半端に止ってしまっている。
もう一ヶ月も前のことだし、もっと言えば昨年のことになっちゃったから
今さら思い返して書くのは面倒くさい気もする。
だけど、最初に書いておきたいと思った数項目を
放り出さずにちゃんとまとめておきたい気もする。
私は結構しつこい性格なので、途中で投げ出すのは居心地悪くてどうもイカンのだ。
仕方がない。はぁ〜よっこらしょと。
ほいじゃ、一番短くて済みそうなことからまた書き出すとしようかな。
お土産の話なんだけどね。

私が持ち帰ったお土産を友人にズラズラと広げて見せた時、
すべてが食料品だったのを友人が見咎めて
「食べ物のほかに、これは自分への特別なお土産♡っていうのは、ないの?」
と訊いた。
友人が言いたいのは、バッグとかアクセサリーとか雑貨や骨董品?そういった類いの物なのだ。
うーん・・・と暫し考えたあとで思い当たったのは、この2つだけだった。

一つは、クリスマスマーケットで見つけて買った “くるみ割りきのこ”

tabi20170113-1.jpg クリスマスマーケットにて

私はこれを見た時、すぐさまこれで銀杏を割ることを思いついた。
私は銀杏をレンチンして熱々のところを塩で食べるのが大好きである。
レンチンする前に、ペンチ等で割れ目を入れておくと殻がむきやすくていいのだが、
ペンチを使うと潰し過ぎて台無しになることがままある。力の加減が難しいのだ。
ところが、この “くるみ割りきのこ” は、私の読んだ通り、
ちょうど良い加減に銀杏にヒビを入れることが出来る。

tabi20170113-2.jpg

ほこらのようになっているスクリューの下に銀杏を1個置いて軽くネジっと捻ると
カリッと小さい音がして中身を傷つけず殻だけにヒビが入るのだ。
ヒビの入った銀杏を封筒に20個ばかし入れて約1分チンすると、
つるりんつるりんと殻から中身を取り出せて、
銀杏のなかには自ら出てきちゃってくれてるものもあったりして、
それに藻塩なんぞつけて食べると、そりゃ〜良いツマミになるわけなのよ。
銀杏好きの私の目に狂いはなかったね。一目でこれはイケる!とピンときたもんね。
こりゃあ一生もんだわさ。

それともう一つは、帰りのトランジットで寄ったデュッセルドルフの空港で買ったこの帽子。

tabi20170113-3.jpg バイキングの末裔のおばサンみたい?

デザイン違いの似たようなタイプをツレアイも一緒に買った。
お互いよく似合っているよ〜と褒め合って買った。
ツレアイの私の褒めようは「似合い過ぎてる。日本人じゃないみたいだよ(笑)」。
帰国後も被ると必ず言われる「日本人じゃないみたい」・・・どういう意味だろう。
よくわかんないけど似合うと言われると嬉しいから、まっいいか。
以上が旅のお土産。
何一つ高価なものが無いのだけど、楽しかったって想い出が一番のお土産かな〜。

tabi20170113-4.jpg tabi20170113-5.jpg